静岡県初の女性杜氏 増井美和

2002年から日本酒担当。
故・浅沼杜氏(南部杜氏)のもとで修業し、2009年から杜氏を任される。

当時の酒造業界は、60代の職人ばかり。直面する後継者の高齢化を抱えておりました。
浜松酒造も、杜氏として岩手県から「南部杜氏」に所属する故・浅沼清輝氏を中心に、冬だけ招く事を続けておりました。
そのような中で将来を見据え、会社の期待を背負いながら浅沼杜氏の下で杜氏見習いとしての修業がはじまりました。 修行も進み始め、しばらくした頃、師匠である浅沼杜氏が末期がんである事がわかります。 しかし、浅沼杜氏の後継者に託す強い思いから、その後も浅沼杜氏の下で蔵人として蔵を支え続けることになります。
浅沼杜氏は基礎から酒造りに対する思いを授けた三年後の冬を蔵で終えるところで、帰らぬ人となりました。

亡き師の味に挑戦しながら、日本酒・焼酎、全ての製造を取り仕切り、女性ならではの視点で、あたらしいお酒造りにも取り組んでおります。
技術の向上に努めながら、広い視野で酒造りの新たな可能性に挑戦しております。
ふたくちめ、みくちめと杯を重ねても、飲み飽きしない優しい味わいが特徴の「出世城」をぜひ、ご堪能下さい。

◇1998年、浜松酒造入社
 製造全般に携わりながら、ビール醸造部門所属
(ビール醸造マイスター助手として専門知識を学ぶ)
◇2002年、日本酒醸造部門へ配属
 杜氏見習として専門知識を学ぶ
◇2009年、浜松酒造 杜氏として就任
 浜松酒造初、静岡県初の女性杜氏誕生

※ビール事業は2015年3月で終了いたしました。