伝統の技を受け継ぎながらも 広い視野で新たな可能性に挑戦しています

創業1871年
縁起の良い名の蔵元「出世城」
静岡の名水、天竜川の伏流水を地下100メートルから汲み上げた、酒造りに理想的な軟水を使用。 全ての酒の麹造りは手造り、設備に頼ることなく己の感覚、感性を頼りに広い視野で酒造りの新たな可能性に挑戦しております。
ふたくちめ、みくちめ、と杯を重ねても、飲み飽きしない日本酒造りを心がけております。


ブランド名「出世城」は、徳川家康をはじめ、歴代城主の多くが後に江戸幕府の重役に出世し、この地のシンボル浜松城(はままつじょう)を別名「出世城」(しゅっせじょう)と呼ばれた謂れにあやかって命名しております。
明治4年の創業以来、培った伝統の日本酒を原点に、皆様に心が伝わる酒造りに精進してまいります。